女性用の白髪染めについて

女性用の白髪染めは種類も多く、ドラッグストアのコーナーでも広い場所をとっています。

しかし、女性用とパッケージに明記してあるわけではないので、男性が使用してもよいのですが、たいてい女性の写真やイラストがあるものは女性用が使っていると思われます。

女性用白髪染めにはいくつかのタイプがあります。
形状で分けると主に粉末とクリームと液状とムース状の4タイプです。

粉末は最も古くからある白髪染めで、昔は染め粉と呼ばれていましたが、1回分ずつを水で溶いて使います。 小分けにして使えるので部分染めにも便利です。

クリーム状のものは、少しずつ使うことができるので部分染めをする場合には特に便利です。

液状のものは、小分けにして使うことはできませんが、髪全体に馴染ませやすいので全体を染めるのに便利です。

ムース状(泡のタイプ)のものはいちばん新しく登場したタイプです。
液だれすることがなく髪全体に伸ばすことも簡単なので人気があります。

また、スタイリング剤のように使い方が簡単なのも人気の理由でしょう。
部分染め用に少しずつ使えるタイプと使い切りのタイプがあるので、各々の状況によって選ぶとよいでしょう。

あと、別の分類をすると髪の中に色素を染み込ませるタイプと髪の表面に色をつけるヘアマニュキアタイプがあります。

白髪染めを長く使い続けて傷んでしまった髪にはヘアマニュキアタイプがお奨めです。 表面だけの着色なので持続性の面では染み込むタイプよりも劣りますが、髪を傷めないで染められるのは大きなメリットです。