白髪染めと手袋

市販のヘアカラー(2液混合タイプ)は手袋をしたり、肌に付かないように気を遣ったりと、何かと面倒ですよね。白髪染めがおっくうになってしまいそうです。

そんな方におすすめなのがトリートメントタイプの白髪染めです。トリートメントタイプの白髪染めは素手でも扱うことができ、汚れも簡単に落ちます。特別や準備や後片付けも不要で、いつでも気軽に使うことができます。

また無添加で天然由来の成分を使用しているため肌に優しく、ほとんどダメージを与えません。このため、時間がある時ならどのタイミングでも白髪を染めることができます。

白髪染めがめんどうと思っていて、まだトリートメントタイプの白髪染めを一度も使ってみたことのない方は、ぜひ一度試してみることをおすすめします。

ヘアカラー(2液混合タイプ)の白髪染めをお使いの方は、手袋を付けたり、床の汚れを防ぐために新聞紙を敷いたりなど、何かと手間に感じている方もいらっしゃると思います。

トリートメントタイプの白髪染めなら手袋がなくても染められます。手間もかからず簡単ですので、一度ご使用してみてはいかがでしょうか。

染めたあともシャワーで洗い流すだけで簡単です。お風呂の前(もしくは後)に行えばとても手軽に白髪を染めることができます。

また、トリートメントタイプの白髪染めは無添加で天然成分を使用しており、髪や地肌にやさしくなっています。

ヘアカラーや美容院の白髪染めでパサパサ・ゴワゴワになった髪にハリとツヤを与えます。 返金保証などもあるので一度試してみてはいかがでしょうか。

美容室で使われる白髪染めについて

白髪染めは市販のものを使い家庭で行う人が増えているようですが、やはり美容室でプロにやってもらえば、面倒なことなく上手に仕上げてもらえます。 価格は高く付きますが、それだけの価値はあると言えるでしょう。

また、美容師さんに相談しながら、客観的に見て自分に合う色を選んでもらえる点でも美容室はお奨めです。

一般に美容室で白髪染めをすると、市販品を買ってきて自分で染めるよりも仕上がりがよいと言われています。

では、市販品と美容室で使われるものとが成分的に違うのでしょうか?
美容室と同じものを買ってくれば同じように綺麗に染められるのかというと、そうではありません。

では何が違うかというと、技術です。
成分的には、美容室のものも市販のものも、ほぼ同じものなのです。

1回の白髪染めに使う量も市販品の1回分と同じくらいの50グラムと変わらないのですが、自分でやる場合には、どうしても、どこかに固まってくっついてしまったりするので、その量では髪全体にまんべんなくいきわたらせることができません。

美容師さんの技術があって、無駄なくまんべんなく塗ることができるのです。

また、白髪染めの発色は空気に触れることで起こるので、美容室では途中で櫛を入れて髪の根元を空気に触れさせます。 なかなか自分ではできない作業ですが、美容室で染める機会があったらよく観察してみましょう。

美容室で使用している白髪染めに何か秘密があるというわけではないので、同じものを購入することはできますが、自分で染めるのなら結果は同じことです。

白髪染めの価格について

白髪染めは種類もたくさんありますが、価格もそれぞれで、その幅も数百円から数千円までとさまざまです。 ドラッグストアやスーパーなどで販売されている製品は、1,000円前後のものが最も多いようで、また売れ筋のものも1,000円前後のものです。

店によっても日によって価格は異なるので安く買って節約したい方は、広告をこまめにチェックするなどしてください。

また、最近は主に通販で売っている白髪染めが各社から発売されており、そのなかのいくつかは大変人気があります。

折り込みチラシやダイレクトメール、あるいは新聞の広告などでいろいろな白髪染めを見ます。
だいたいひとつ(1本)が安いものでも1,000円代後半で高いものだと4,000円前後するものもあります。

ほとんどが2本、3本まとめて買うと送料が無料になったり、割引価格になったりしています。
これらは、一見価格が高いようですが、よく説明を読むと1本で数回から10回くらい使えるものもあり、1回当たりの価格は安いものもあります。

そうなると1回の使い切りで1,000円の製品よりもお買い得ということが言えます。
それぞれの白髪染めが異なった特徴と機能をもっているので、総合的に評価しなければなりませんが、購入する時に価格を気にするならば、1回あたりの価格も考えて買うとよいでしょう。

初めてのものを何本も買うのはお奨めできませんが、これがよいと決まったらば、たくさん買えば割引にもなり、手間も省けます。 また何人かで共同購入すれば、お得にたくさん買うことができます。

白髪染めのランキングについて

白髪染めのランキングはネット上の口コミサイトなどで見ることができます。
本当にたくさんの種類が各社から発売されており、また次々に新製品が発表されています。

テレビを見ていても白髪染めのCMは大変多く、新聞の広告や折り込みチラシもたくさん入ってきます。 どれを選ぼうかと迷った時には、ランキングも判断の材料のひとつにするとよいでしょう。

ネット上のランキングはいくつもあって、それぞれ結果は違いますが、1位から5位までの上位だけを見てみると、順位は違うものの、ほぼ同じ製品がランキングされている場合が多いです。

多くの人から支持されて使われているには、理由があるので共通した結果になるのでしょう。

また、ランキング上位の白髪染めの特徴や価格、容量、簡単な使い方などの情報も同時に見ることができます。 キャンペーン情報なども載せられているので、サンプルやお試しサイズを買ってみようと思った時にも便利です。

最近の白髪染めのランキング上位には、共通した特徴があります。
どれも天然の植物系色素を使ったものばかりです。

化学的に色素を染み込ませるタイプではなく、表面だけに着色をして、徐々に染めていくものや、
太陽光線や蛍光灯の光にあたることで発色するものなどで、しかも敏感肌の人にも使えるものなどです。

白髪染めは髪を傷めるというのが常識でしたが、少しずつ状況は変わってきているようです。

シャンプーをしながら徐々に染めていくという従来とは異なるタイプも登場し、楽に染められるというのが人気の要素のひとつになっています。

白髪染めの口コミについて

白髪染めの人気は口コミの影響が大きいようです。
ネット上ではたくさんの口コミ情報が寄せられていて、いろいろなタイプの人が使ってみてどんな結果が得られたのかがよくわかります。

口コミがわかりやすく載せられているのは、まず白髪染めのメーカーのサイトです。

使用前と使用後の写真があることも多く、使った人の感想が載せられています。
上手に利用できた人の中にもいろいろな髪質や、いろいろな白髪の割合、またいろいろな性格のひとがそれぞれの感想を述べています。

メーカーのサイトでは好意的な意見が多いのはあたりまえなので、メーカーとは関係のない白髪染めの口コミサイトも見てみましょう。 ここでは、さまざまなメーカーの製品についての情報を一度に見ることができます。 各製品の特徴や価格、容量などの情報も知ることができます。

数ある口コミの中から自分と同じタイプの人の意見があれば、大いに参考になります。

特に新しい製品では、口コミ情報を見てから、選んだほうが安心です。

使った人の感想なので、当然合わなかったという意見も寄せられています。
合わない人はどんなタイプなのか、どういうところが合わなかったのかを自分に照らし合わせてみて参考にしてください。

また、口コミサイトでは、どの白髪染めが今人気なのかを知ることもできます。

ランキング上位のものが必ずしも良いとはかぎりません。
また自分にとってよいかどうかは別ですが、多くの人に支持されている製品にはそれなりの良さがあるはずです。

白髪染めのお試しについて

白髪染めを使っている人も多いと思いますが、誰もが今使用しているものに満足しているというわけではないでしょう。

もっといいものがあるのではないか、長年同じものを使っていたらなんとなく髪が傷んできたようだと考えてはみるものの、あまりにたくさんの種類が販売されているので、店頭に行っても迷ってしまいます。

口コミ情報もたくさんあるので参考にしつつ、良さそうだと思ったものは試してみることをお奨めします。 サンプルがあったら積極的にもらってきて試してみましょう。

申し込むとサンプルがもらえるキャンペーンをやっていることもあるので、白髪染めメーカーのサイトなどをチェックしてみましょう。 また、お試し用の小さなサイズの製品を販売しているものもあるので、新しい製品を始めて使う時には便利です。

いろいろな人の使用後の感想や写真などがパンフレットにもサイトにも出ていますが、個人差が激しいものなので、実際に自分で使ってみないことには合うか合わないかはわかりません。 特に肌が弱い人では、刺激の強いものは避けたいので、いきなり髪全体に使わないで部分的に試してみたほうがよいかもしれません。

また、白髪染めで難しいのは色の選択です。
明るいものから暗いものまでさまざまですし、同じ製品を使用しても白髪の多さや髪の質によって仕上がりが随分異なります。

白髪染め売り場にある仕上がり見本を参考にしながら、迷ったら明るいほうの色を選ぶのがコツです。 後からさらに濃くすることは可能ですが、濃く染まったものを明るくする事は不可能だからです。

白髪染めの失敗しない選び方について

白髪染めにはさまざまなタイプがあるので自分の髪質にあった形状と肌の色にマッチした色を選んでみるとよいでしょう。

白髪染めについての悩みは、髪が傷む、臭いが嫌い、頭皮がヒリヒリする、上手に染められないなどなどいろいろあります。

しかし、今は多くの種類が販売されていて、それぞれの悩みにも対処できるものがたくさんあるので、これはと思ったものはひとつずつ試してみても楽しいかもしれません。

まず、自分は何を希望しているかをはっきりさせてから白髪染めを選びましょう。

全体をきれいにむらなく染めたい場合には、やはり従来からある薬剤で髪の中心までしっかりと染めるタイプがお奨めです。 ただし、これを長年使っているとどうしても髪が傷んでパサパサとしてきます。

また肌が弱い人には頭皮に刺激が強すぎてトラブルの原因になることもあります。
そういう方には、ヘナ等の天然色素で染めるタイプがお奨めです。

最近登場して注目されているのがシャンプーやコンディショナーを兼ねた白髪染めです。
一度にしっかりと染めることはできませんが、髪の中にまで化学物質が染み込んでいかないので髪が傷みません。

また、徐々に染めていきたいという方には逆にそれがメリットにもなります。
複数のタイプを上手に使い分ければ、全体をきれいに染めることもでき、髪を傷めることも減らすことができます。

あと、色の選択が難しいですが、近頃は少し濃い色が人気のようです。
同じ白髪染めでも人によって染まり方が違うので、時にはいつもと違う色を試してみるのも楽しいでしょう。

白髪染めと気持ちの変化について

白髪も最初のうちは、気付いたものを抜いたりして過ごしますが、やがて始末できないくらいに増えてくると急に老けこんだようで気になるものです。

今では、高齢の方でも多くが白髪をそめているので、20代30代で白髪が目立ってしまえば、白髪染めをせずにはいられないでしょう。

ある程度白髪が増えて目立ってしまってからだと、急に髪が黒くなったら違和感があるのではないかと心配になったり人目を気にする人もいます。

特に男性では気にする人が多く、白髪染めに躊躇する人もいるようです。

女性の場合には、ある程度年配の方でも、若いころからおしゃれ染めを楽しんでいた方も多いので抵抗は少ないかもしれませんが。

しかし、初めて白髪染めをする人にとっては結構作業が面倒だったり生え際の白髪のためにこまめに染めなければならないことを考えます。

また美容院で染めてもらうには費用の面で割高になるので迷いも出ます。
しかし、多くの人が初めて白髪染めをしたときに気持ちが明るくなったと言います。

こんなに気持ちが違うものかという人もいます。
やはり、白髪がなくなれば気持ちも若々しくなり、もうすこしおしゃれにしてもいいかなという気持ちになるのでしょう。

白髪染めを迷っている人は、思い切ってその気持ちの変化を楽しんでみるとよいでしょう。
急に全部白髪がなくなることに抵抗がある方は、シャンプーやコンディショナーを兼ねた緩やかに染まるタイプやヘアマニュキアを使えば、徐々に髪と気持ちの変化を楽しむことができるでしょう。

女性用の白髪染めについて

女性用の白髪染めは種類も多く、ドラッグストアのコーナーでも広い場所をとっています。

しかし、女性用とパッケージに明記してあるわけではないので、男性が使用してもよいのですが、たいてい女性の写真やイラストがあるものは女性用が使っていると思われます。

女性用白髪染めにはいくつかのタイプがあります。
形状で分けると主に粉末とクリームと液状とムース状の4タイプです。

粉末は最も古くからある白髪染めで、昔は染め粉と呼ばれていましたが、1回分ずつを水で溶いて使います。 小分けにして使えるので部分染めにも便利です。

クリーム状のものは、少しずつ使うことができるので部分染めをする場合には特に便利です。

液状のものは、小分けにして使うことはできませんが、髪全体に馴染ませやすいので全体を染めるのに便利です。

ムース状(泡のタイプ)のものはいちばん新しく登場したタイプです。
液だれすることがなく髪全体に伸ばすことも簡単なので人気があります。

また、スタイリング剤のように使い方が簡単なのも人気の理由でしょう。
部分染め用に少しずつ使えるタイプと使い切りのタイプがあるので、各々の状況によって選ぶとよいでしょう。

あと、別の分類をすると髪の中に色素を染み込ませるタイプと髪の表面に色をつけるヘアマニュキアタイプがあります。

白髪染めを長く使い続けて傷んでしまった髪にはヘアマニュキアタイプがお奨めです。 表面だけの着色なので持続性の面では染み込むタイプよりも劣りますが、髪を傷めないで染められるのは大きなメリットです。

男性用の白髪染めについて

ドラッグストアなどで白髪染めの売り場を見ると、男性用と女性用に分かれています。

男性と女性の白髪に違いがあって別のしくみの製品を作っているわけではなく、男性にも使いやすい配慮をした製品が多いようです。

女性は白髪にならなくても若いころからカラーリンクをしている人が多いせいか、比較的抵抗なく白髪染めができるひとが多いようですが、男性は少し事情が違うようです。

今でこそ、若い男性はカラーリングをして髪の色が地のままの真っ黒な人を探すほうが難しいくらいですが、ある年代以上では、自然の髪色のままにすごしてきてだんだん白髪になったという人が圧倒的に多いです。

白髪が少ないころには気にかけないでいたものが、やはり増えて来ると毎朝鏡に映る自分の姿が気になる様になります。 特に比較的若くて白髪になってしまうと年齢よりも老けて見られることもあり、悩みは深いようです。

そこで男性用には、いかにも昨日に白髪染めをしたことがはっきりとわかるものではなく、染めても真っ黒にならないタイプや徐々に染めていくタイプに人気があるようです。

また、男性には2つの液を混ぜて、髪に塗って20分待ってすすいで…というような手順が面倒くさいという人が多いのです。

そこで、シャンプーやトリートメントに白髪染め効果をプラスしたもので、洗髪しながら徐々に染められるものも喜ばれています。 また、洗髪の時ではなく普段の乾いた髪に塗って白髪を染めるというよりは隠すタイプのものも人気です。