白髪染めについて

白髪染めとは、加齢で色素が無くなって白くなってしまった髪の毛を黒っぽく染めること、あるいは染める為のものです。 美容院で染めてもらう方法と自宅で自分で染める方法があります。

なかなか自分でというのは安上がりではありますが、面倒なのでできない人もいるようですが、今では、ドラッグストアの店先には、たくさんの種類の白髪染めが並んでいるところを見ると自宅で染めるひとが多いようです。

早い人では20代から、遅くても50歳前後には誰でも白髪が気になってきます。
歴史の中でいつ頃から白髪を染めてきたのかは定かではありませんが、戦国時代に白髪を染めて出陣した武将の記録が残っているので、ずいぶん昔から行われてきたのでしょう。

ドラッグストアに並んでいる髪を染める商品には、白髪染めのほかにおしゃれ染めがあります。
(市販の中で人気なのは、ブローネやビゲン白髪染めですね。)

この両者の違いは、おしゃれ染めは、もともと黒い髪を明るくしたり色合いを変える為のものなので、染める力は弱く、白髪染めは、もともと色素がないところに色を入れるので、染める力が強いことです。

ですから、白髪の人がおしゃれ染めを使うと、とうもろこしの毛のような染まり具合で失敗したり、白髪だけが赤く染まったりするのです。

これまでは髪が傷むのが嫌だったり、独特のツーンとした臭いが嫌だったりしましたが、ここ最近は随分改良されてきて、使い方も簡単なものが増えて来ているようです。

自分に合ったタイプの白髪染めが見つけられれば、白髪に悩む事もなくおしゃれも楽しむことができます。

【白髪染め選びについてのおすすめサイト】
白髪染めや白髪対策についての総合サイト – 白髪染め選びガイド